コンパクトインパクト
身の回りで巻き起こるインパクト的なものを報告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TOP
4000ヒット記念?韓国ソウル旅行 ~三日目~
さぁ、ついに最終日です
大分執筆作業に限界を感じてきてますが・・・頑張りますよ
それでは最後に思わぬイベントに遭遇した三日目最終日をお楽しみください


[READ MORE...]
スポンサーサイト
TOP
4000ヒット記念?韓国ソウル旅行 ~二日目~
二日目、完全に自由行動の日です
そして今日はついに韓国の方と多く接触することなる日です
日本語が普通に使える・・と聞いてもちょっと身構えますね
ということで様々な思惑が漂う二日目の始まり始まり・・・


[READ MORE...]
TOP
4000ヒット記念?韓国ソウル旅行 ~一日目~
ようやく帰ってきました
初海外ということで多少身構えて行ったんですけど、そこまで海外的な雰囲気は感じられませんでしたねぇ
大抵日本語通じちゃいましたし

さてさて、一応1000ヒット毎に記念企画的なことをやってるんですけど、今回もちょうどよくこの旅行があったので記念企画に当てたいと思います

こういうときは毎回面白そうな展開を予期するがごとく、集合までに何かが起こるんですけど・・・
改札閉じたのに通り抜けちゃったサラリーマンに遭遇
これは間違いなさそうですよ

というわけで長い長い日記なのかよく分からない報告の始まり始まり・・・


[READ MORE...]
TOP
謹賀新年
あけましておめでとうございます
筆不精のため、今年も年賀状は一枚も書かずに新年を迎えました
果たして年賀状はきてるのでしょうか・・・来たら返さなきゃいけない・・・それだけしか考えてません
正直メール打つのも面倒ですよ・・・ということで私からのあけましておめでとうメールは総じて短めになっておりますので、悪しからず

さて、このブログも更新できなさそうなコンセプトでありながら結構な更新頻度を保ってきました
意外です、驚異です
今年もそのペースでいけるかは謎ですけどインパクト遭遇の際には積極的に更新していきたいと思います

本年も宜しくお願いします
TOP
3000ヒット記念? クリスマスイルミネーション編
どうも、ゲーム三昧で危うくイルミネーション編を忘れるところだったshupe3です

本編に入る前に業務連絡
昨日書くつもりで忘れてたんですけども、毎週金曜にお題を発表するはずの「The Culture Time」なんですけどもね
先週のお題をたーろさんがまだサボっているので今週は発表を避けました
たーろさん早くしてくださいね


え~、それでは企画失敗したんじゃないかと思われるクリスマスイルミネーション編の始まりです


[READ MORE...]
TOP
3000ヒット記念? 仙台バイト編
さて・・・今日中に終わると良いんですけど・・・(現在21:23
まぁとにかくやってみましょうかね

長くなるので続きへ・・・読まなくても良いですよ・・・


[READ MORE...]
TOP
2000ヒット記念?エピソード?
流石に2日連続で更新しないのはまずいかなと思いまして
このエピソードに関しては文章力がものを言うという感じなので公開控えてたんですけど、この際しかたがない
ということで強引に2000ヒットに結びつけ消化してしまおうという魂胆
ちなみに一部の人にインパクトを与える逆インパクトも2000ヒット記念として発表する可能性があります、という意味深な予告をして・・・と

さて、ということで母エピソードです


ここは長い階段、踊り場が一ヶ所あるそれなりに長い階段
その日、母は友達を買い物を楽しんだ
雨が降っていたために、片手に傘、片手に荷物と両手がふさがっていた
そして、二人は階段へと向かっていく・・・・

ここで母に不幸が訪れる
両手がふさがっていたためか2段目でよろけてしまう・・・
このままでは階段を踊り場を越えて転げ落ちるという大惨事に・・・・
しかし・・・ミラクルは起きたのだ

階段でよろけてしまった母はそのまま倒れることはなく、とにかくひざを曲げた
この状態がどんな状態なのかお分かりになるだろうか?
日本人ならすぐ分かってもらえるだろう
そう、正座である


こともあろうに母は正座のままダン、ダン、ダン・・・と階段を器用に降りていくではないか!!


そして・・・踊り場に不時着
これはもう笑うしかない、母は連れの友達と大爆笑だ
もちろんミラクルを起こした母が怪我を負うはずもないのだ
もう大丈夫と言い、続きの階段へ

これを読んでいる方もなんとなく分かっているだろうか?
またも2段目
またも正座


ダン、ダン、ダン・・・


そして一番下に不時着
結局長い階段を最初から最後まで正座で降り切ってしまうという常人にはとても不可能なミラクルを起こす
これはミラクルなのだ、母は怪我はおろかストッキングさえ無傷

決して真似をしてはいけない
その証拠に、後日衝撃のニュースが入ってきた

聞くところによると、知り合いが全く同じことをやらかしてしまったらしい
階段を正座で降りるという荒業を・・・
しかし、常人は決して真似をしてはいけないのだ
その人は見事に骨折、そのまま病院へと向かった・・・

*正座階段降りは特殊な訓練を積んだ人のみ可能な特殊技能です、決して真似しないでください
TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。